クレジットカードのキャッシング枠での失敗体験談

クレジットカードのキャッシング枠で現金を下ろして失敗

私は、30代男性の会社員です。私のクレジットカードを使った失敗談をお話します。

 

まず、私がクレジットカードを作った理由はネットショッピングを多くしていたので、その支払いを円滑にするため、給料日の前に現金がない場合に支払いをするためにクレジットカードを作りました。

 

私のイメージでは、現金の代わりにカードを利用していろいろな商品を購入したりサービスを受けたりすることができると考えていました。

 

そんなある日、郵便局のATMで現金を引き出すときにVISAという文字を目にしました。

 

ATM

 

VISAカードで支払いをしたものを返済できるのだろうと当初は考えていたのですが、試しに現金を引き出してみると、入力した金額がATMから出てきました。

 

クレジットカードでお金を引き出すことができたので、すごく驚いたのと同時に、何かあった時に現金を引き出すことができることを知りました。

 

ムキになって15万円のキャッシング

私は、ギャンブルが好きなのですが、ある日競馬をしていて、持っているお金をすべて使ってしまいました。

 

金額にして3万円程度だったのですが、それを取り戻したくてどうにかしたいと考えていた時に、クレジットカードのことを思い出しました。

 

ここからが失敗の始まりなのですが、とりあえず負けた分だけでもと思い、少しずつ引き出し競馬をしていました。

 

しかし、そういう時に限りなかなか当たるものではありません。負けを取り戻そうと万馬券狙いになり、まったく当たらなくなりました。

 

15万円

 

私自身の金銭感覚もどうにかしていき、気づいたときには、15万円程度引き出していました。

 

のちに調べて分かったのですが、私のクレジットカードは30万円を限度額として現金を引き出すことができました。

 

しかも、私の場合は、競馬で勝つことを前提としてお金を引き出していましたので、一括返済にしていました。

 

翌月に20万円以上のクレジットカードの請求。払えない事態に

翌月の返済額は恐ろしいことになったのは想像しやすいことだと思いますが、公共料金などの支払いなどを含めて、20万円以上の請求が来ました。

 

怒っている妻

 

嫁には内緒にしていたのですが、その明細を見られ大激怒されました。そこで、クレジットカードを使って、大金を引き出したことがばれ大変なことになりました。

 

この時のクレジットカードの請求額が払えない事態になったため、キャッシング会社からお金を借りて返済することになってしまいました。(参考:クレジットカードが払えない悩みを一秒でも早く解決する方法

 

 

それから二度と同じ過ちを繰り返さないために、クレジットカード会社に連絡をして、現金を引き出すことができないようにしました。カードとしての機能はそのままにして、現金を引き出すことができないようにしています。

 

ギャンブルに関しても小遣いの範囲でやっていますが、ギャンブルに使ってしまった私のクレジットカードの一番の失敗でした。これをお読みの皆さんも気を付けてくださいね。